北海道で利用可能な花のサブスク・定期便サービス

<北海道>花の定期便サービス おすすめランキング

  • ブルーミー(bloomee/旧ブルーミーライフ)
    5.0

    ブルーミー(bloomee)サイトイメージ

    初回無料キャンペーン実施中!

    初回無料クーポンコード
     LUCKY


    『bloomee』手軽に叶うおしゃれなライフスタイル。 毎週末、自宅にお花が届き、手軽におしゃれなライフスタイルを手に入れることのできるお花の定期便サービスです。おまかせで届く、私のお花のある暮らし。

    「週替わりで楽しむ、新鮮なお花」
    食卓やリビングなど、おうちのちょっとしたところに飾れる、 気軽なサイズのブーケ。市場で仕入れた、新鮮なお花を束ねてお届けします。

    「ポストに届いて、受取ラクラク」
    どんなお花が届くかはお楽しみ。思いがけないお花との出会いに毎回ワクワク。※一部エリアは宅配便でのお届け

    「季節のお花を、かんたんに飾れる」
    お花のガイドブックもついてくるので、はじめての方でも安心。毎回お花と一緒に届く”栄養剤”を花瓶に入れれば、元気に長持ち!

    <公式サイトURL>https://bloomeelife.com/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)

    料金

    825円~2,530円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全3プラン(体験プラン・レギューラープラン・リッチプラン)

    配送頻度

    毎週・隔週

    運営会社

    ユーザーライク株式会社(非上場)

    こんな人にオススメ!

    「とりあえず花の定期便サービスを始めてみたい♪」というアナタにピッタリ!


    初回無料キャンペーン実施中!

    初回無料クーポンコード
     LUCKY

    クーポンの利用方法
    1. ブルーミー(bloomee)公式サイトで各コースの「継続コースを申し込む」ボタン、もしくは「まずは試してみる」ボタンを押す
    2. マイページを使用するためのメールアドレスとパスワード設定を入力し「お花のプランを選ぶ」へ進む
    3. 希望するプランを選択し、お届け先を入力し「お支払い情報の入力へ進む」ボタンを押す
    4. ページ上部にある「クーポンコード/招待コード」リンクを押し、クーポンコードを入力する
    5. 『有効なクーポンです』とメッセージが表示され、初回合計金額が0円になったのを確認する
    6. お支払い方法を選択・入力して、「お花のある暮らしを始める」ボタンを押す
    7. クーポン利用完了!

  • メデル(medelu)
    4.8

    メデル(medelu)サイトイメージ

    今なら、20%OFFクーポン利用可能!

    20%OFFクーポンコード
     hananosabu087

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象


    『medelu』お花屋さんに行かずとも、選ばずとも。お花のプロフェッショナルが、あなたのお部屋のスタイルに合うお花をセレクト。毎週 or 隔週でお届け致します。

    「お花の鮮度」
    お客様に1日でも長くお楽しみ頂けるように生産者と市場から直接仕入れたお花を、オーダーを頂いてからお客様だけのためにお花を仕入れます。

    「お花の種類」
    お花屋さんがお花を買い付けに来る市場は日本で流通する花の80%以上が集まり、年間約5,000種類のお花を取り扱っています。これはお花屋さんが取り扱うお花の種類の約30倍から50倍となり、その豊富な選択肢から、お花を仕入れます。

    「こだわりを実現する仕入れ」
    この道30年以上の経験を持つお花のプロフェッショナルが、品質の高い生産者やお花を選んで仕入れます。お花の品質は生産者の性格やこだわりが強く影響するため、限られた選りすぐりの生産者をmedeluがお客様の代わりに目利きさせて頂きます。

    <公式サイトURL>https://www.medelu.flowers/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)

    料金

    698円~2,508円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全10プラン(ANYROOMコース Mini・ANYROOMコース Lite・ANYROOMコース Lite+・ANYROOMコース Basic・MODERNコース Lite・MODERNコース Lite+・MODERNコース Basic・NATURALコース Lite・NATURALコース Lite+・NATURALコース Basic)

    配送頻度

    毎週・隔週

    運営会社

    株式会社medelu(非上場)

    こんな人にオススメ!

    送料込みで1回698円から始められる!お部屋の雰囲気、インテリアスタイルに合わせたコースが用意されたサービス!お部屋との調和を重視する方にオススメ!


    今なら、20%OFFクーポン利用可能!

    20%OFFクーポンコード
     hananosabu087

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象


    クーポンの利用方法
    1. メデル(medelu)公式サイトで希望の定期便コース・ボリューム・頻度などを選択する
    2. 「送付先情報の入力」へ進み、『コード入力はこちらから』リンクを開く
    3. クーポンコードを入力し、「クーポン適用」ボタンを押す
    4. ページ下部にある合計金額で20%OFFが適用されているのを確認する
    5. 「お申込みはこちら」ボタンを押す
    6. クーポン利用完了!

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象

  • リフト(LIFFT)
    4.5

    リフト(LIFFT)サイトイメージ

    今なら初月20%OFF!

    『LIFFT』飾るだけじゃない、全く新しい花のサブスク。提携生産者から直接仕入れたお花のアソートセットと、暮らしのヒントがぎゅっと詰まったジャーナルが毎月届きます。

    「お花のアソートセット」
    LIFFTが大切にしているのは「鮮度」。信頼できる提携農園から採花したての旬の花を速やかに配送することで新鮮な花本来の魅力に触れる体験をご提供します。また、切り花本来の長さのままお届けし様々な飾り方に対応できるようにいたしました。

    「LIFFT Journal」
    他のサブスクと大きく異なるところ、それは単なるトリセツではないお花の読みもの「ジャーナル」があること。花にゆかりのある文学作品や映画などをテーマに、クリエイティブとの出会いも提供します。

    <公式サイトURL>https://lifft.jp/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)※ライトプランの利用は不可

    料金

    3,300円~5,280円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全3プラン(LIFFT定期便 スタンダードプラン・花瓶セットプラン・コーヒー豆セットプラン)

    配送頻度

    月1回

    運営会社

    株式会社BOTANIC(非上場)

    こんな人にオススメ!

    鮮度の高いお花を楽しみたい!届いた花を飾るだけでなく、花にゆかりのある文学作品や映画などをテーマに、クリエイティブとの出会いも楽しみたいという方にオススメ!


    今なら初月20%OFF!



<北海道>〔札幌市・その他市部〕各サービスの対応エリア

花のサブスク・定期便サービスとは?

テレワーク・在宅勤務が浸透し、おうち時間が長くなってきており、自宅にお花を飾る人が増えてきています。そこで、毎週・隔週・毎月など定期的にお花が届く定額制サービスが利用されています。それらは「花のサブスク」「花のサブスクリプションサービス」「花の定期便サービス」と呼ばれています。

この花のサブスクを提供する会社が増えてきており、実際、どれを選んだら良いかわからないという声をよく聞きます。どれも一緒?いやいや、それぞれ個性があるので、ご自身に合ったサービスを選択することが重要となります。

生花を扱うサービスになりますので、商品の品質だけでなく、運営会社やアフターフォロー、トラブル対応や定額サービスの解約に関して等、確認すべきポイントが数多くあります。それぞれのサービスをしっかりと比較、口コミや評判も参考にして、毎月お花が届く生活を開始しましょう!

北海道について

北海道は、本州と津軽海峡で隔てられ、北緯41度20分以北、日本の最北端の北海道本島と若干の小島からなる地方。国土の約22%を占める。

ロシア領にもっとも近接する千島列島(ちしまれっとう)のうち、南の国後(くなしり)島、択捉(えとろふ)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島は、第二次世界大戦前日本人が定住して町村制が施行され、北海道庁の管轄下にあった。この北方四島の返還を国の方針とする現在、本道の公表面積には4島の面積約5036.14平方キロメートルが含まれる。本道はロシアに近いだけでなく、アメリカへの最短コースにあたるので戦略的に重視される。オホーツク海に面する国内唯一の地方として流氷がみられ、また温暖な国土のなかでは寒冷な気候条件から山容が緩やかで雄大感があり、開発の歴史が新しく未開の原始景観の残ることと相まって、魅力を高めている。

これら自然のなかで狩猟漁労生活を営むアイヌ民族の天地として、長く蝦夷地(えぞち)とよばれた。和人(中・近世に本州から移住した日本人のこと)の定住は江戸時代には道南の一部に限られ、奥地には交易や漁業の目的で季節的に少数が赴くにすぎなかった。幕末に北太平洋が捕鯨の舞台となり、欧米の外国艦船の出没が機縁となって、松前藩から幕府の直轄下に入った。このころから幕府役人による多くの探検調査が行われたが、その一人松浦武四郎(たけしろう)の建言で、明治維新後の1869年(明治2)北海道と改められた。その後、開拓使、屯田兵(とんでんへい)制、大土地処分などを通じて植民開拓が進み、和人が大多数を占めるに至った。

2015年(平成27)の国勢調査では人口538万1733、面積8万3424.31平方キロメートル、人口密度は1平方キロメートル当り68.6人で全国でもっとも少なく、多くの施策にかかわらず人口の微増、ときに微減状態が続いている。このなかで主要都市、とくに札幌周辺への人口集中が高く、札幌市は全道人口の約36%を占める。逆に炭鉱都市は人口減が目だち、なかでも歌志内(うたしない)市は、2008年段階で5000人を割っている。2018年4月現在、35市9総合振興局5振興局129町15村(国後・択捉・色丹の6村を除く)に区画されている。道庁所在地は札幌市。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

札幌市について

札幌市は、北海道中西部,石狩平野の南西部にある北海道最大の都市。北海道庁および石狩振興局の所在地。1922年市制。1955年琴似町,札幌村,篠路村の 2村,1961年豊平町,1967年手稲町を編入。1972年政令指定都市。区制が施行され,中心市街地を中央区,その周辺に北区,東区,白石区,豊平区,南区,西区が行政区域として定められた。1989年白石区から厚別区が,西区から手稲区が,1997年豊平区から清田区がそれぞれ分区して 10区となる。地名は,アイヌ語のサッポロ(乾いた広大な地の意)に由来。明治2(1869)年開拓使が置かれてから今日にいたるまで,北海道全域の行政,経済,文化の中心をなす。市域は石狩川とその支流の豊平川の源流域に及び,市街地は,開拓使設置時の大規模な都市計画によって形成された碁盤目状区画を核として,市勢の伸長とともに拡張された。人口は 1965年に 100万を突破し,白石,月寒,真駒内,手稲などの郊外地区の人口増加が目立つ。北海道全域と本州を結ぶ商業の中枢機能をもつほか,食料品,印刷,紙製品,家具などの都市周辺立地型の工業もある。JR函館本線,千歳線,札沼線が通り,国道5号線は国道12号線,36号線,230号線,231号線,274号線,275号線と分岐して道内各地に広がる。道央自動車道,札樽自動車道(さっそんじどうしゃどう)も通る交通の要所。南東約 44kmには新千歳空港(千歳市)がある。1972年の札幌オリンピック冬季競技大会開催時に地下鉄も開通。北海道大学をはじめとする各種の教育施設や主要企業の本社,支社が集中する一方,定山渓温泉や豊平峡(ほうへいきょう)ダム,手稲山などの観光地もある。開拓使札幌本庁舎跡および旧北海道庁本庁舎と琴似屯田兵村兵屋跡はともに国指定史跡。円山原始林と藻岩原始林(→藻岩山)は国の天然記念物に指定されている。例年 2月初旬に開催されるさっぽろ雪まつりは,全国的に有名。
北海道・東北地方の他のエリアで探す
運営者情報

花村 好介(はなむら こうすけ)。1980年生まれ、東京都出身。幼少期から動植物に囲まれ健康に育つ。日本の農業高校を経て、Sokoine University of Agriculture(ソコイネ農業大学)に訪問。植物や農業に関する様々な研究・文化に触れ、カルチャーショックを受ける。友人からのあだ名は「タンザニアの奇跡」。帰国後、農林水産省からの誘いはなく、北関東で植物・花に囲まれる田舎暮らしをしながら、花に関するコラム・書物を執筆中。「花いっぱいプロジェクト」の取組についても積極的に応援しています!

※本サイトの情報は、あくまで花村個人の見解です。実際のサービス利用時に提供されるサービス内容を保証するものではありません。利用する際は、必ず各サービスの提供内容・利用規約を確認の上、ご利用ください。

花に関する役立つサイト
  • みんなの花図鑑・・・日本最大級の掲載数3000種以上の花を調べることができます。花言葉、誕生花(誕生日の花)も検索できます。
  • 季節の花300・・・1997年から運営されている個人サイト。蕾から開花までの変化が楽しめる定点観測シリーズがおすすめ。
  • 日本花の会・・・「桜の名所づくり」「全国花のまちづくりコンクール」花や緑に囲まれた、美しい地域環境づくりや豊な生活環境づくりに貢献する公益財団法人。
  • 農林水産省(花き振興コーナー)・・・花き産業及び花きの文化の振興を担当する農林水産省のページ。花きの現状、各種データなど。
  • 日本花き卸売市場協会・・・花き卸売市場の業務適正化・経営の健全化を図る等、花の流通改善を促進することによって花き産業の発展を目的とした一般社団法人。
  • 日本花普及センター・・・花と緑の普及に関する全国的な普及啓発活動・調査研究・国際交流等、国土緑化を推進し、潤いのある豊かな社会の実現を目的とした一般財団法人。