関東地方で利用可能な花のサブスク・定期便サービス

<関東地方>花の定期便サービス おすすめランキング

  • メデル(medelu)
    5.0

    メデル(medelu)サイトイメージ

    今なら、20%OFFクーポン利用可能!

    20%OFFクーポンコード
     hananosabu087

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象


    『medelu』お花屋さんに行かずとも、選ばずとも。お花のプロフェッショナルが、あなたのお部屋のスタイルに合うお花をセレクト。毎週 or 隔週でお届け致します。

    「お花の鮮度」
    お客様に1日でも長くお楽しみ頂けるように生産者と市場から直接仕入れたお花を、オーダーを頂いてからお客様だけのためにお花を仕入れます。

    「お花の種類」
    お花屋さんがお花を買い付けに来る市場は日本で流通する花の80%以上が集まり、年間約5,000種類のお花を取り扱っています。これはお花屋さんが取り扱うお花の種類の約30倍から50倍となり、その豊富な選択肢から、お花を仕入れます。

    「こだわりを実現する仕入れ」
    この道30年以上の経験を持つお花のプロフェッショナルが、品質の高い生産者やお花を選んで仕入れます。お花の品質は生産者の性格やこだわりが強く影響するため、限られた選りすぐりの生産者をmedeluがお客様の代わりに目利きさせて頂きます。

    <公式サイトURL>https://www.medelu.flowers/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)

    料金

    698円~2,508円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全10プラン(ANYROOMコース Mini・ANYROOMコース Lite・ANYROOMコース Lite+・ANYROOMコース Basic・MODERNコース Lite・MODERNコース Lite+・MODERNコース Basic・NATURALコース Lite・NATURALコース Lite+・NATURALコース Basic)

    配送頻度

    毎週・隔週

    運営会社

    株式会社medelu(非上場)

    こんな人にオススメ!

    送料込みで1回698円から始められる!お部屋の雰囲気、インテリアスタイルに合わせたコースが用意されたサービス!お部屋との調和を重視する方にオススメ!


    今なら、20%OFFクーポン利用可能!

    20%OFFクーポンコード
     hananosabu087

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象


    クーポンの利用方法
    1. メデル(medelu)公式サイトで希望の定期便コース・ボリューム・頻度などを選択する
    2. 「送付先情報の入力」へ進み、『コード入力はこちらから』リンクを開く
    3. クーポンコードを入力し、「クーポン適用」ボタンを押す
    4. ページ下部にある合計金額で20%OFFが適用されているのを確認する
    5. 「お申込みはこちら」ボタンを押す
    6. クーポン利用完了!

    他クーポンとの併用不可/新規購入の場合のみ対象

  • リフト(LIFFT)
    4.8

    リフト(LIFFT)サイトイメージ

    今なら初月20%OFF!

    『LIFFT』飾るだけじゃない、全く新しい花のサブスク。提携生産者から直接仕入れたお花のアソートセットと、暮らしのヒントがぎゅっと詰まったジャーナルが毎月届きます。

    「お花のアソートセット」
    LIFFTが大切にしているのは「鮮度」。信頼できる提携農園から採花したての旬の花を速やかに配送することで新鮮な花本来の魅力に触れる体験をご提供します。また、切り花本来の長さのままお届けし様々な飾り方に対応できるようにいたしました。

    「LIFFT Journal」
    他のサブスクと大きく異なるところ、それは単なるトリセツではないお花の読みもの「ジャーナル」があること。花にゆかりのある文学作品や映画などをテーマに、クリエイティブとの出会いも提供します。

    <公式サイトURL>https://lifft.jp/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)

    料金

    1,480円~5,280円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全4プラン(LIFFT定期便 ライトプラン・スタンダードプラン・花瓶セットプラン・コーヒー豆セットプラン)

    配送頻度

    ライトプラン(2週に1回・4週に1回)・それ以外のプラン(月1回)

    運営会社

    株式会社BOTANIC(非上場)

    こんな人にオススメ!

    鮮度の高いお花を楽しみたい!届いた花を飾るだけでなく、花にゆかりのある文学作品や映画などをテーマに、クリエイティブとの出会いも楽しみたいという方にオススメ!


    今なら初月20%OFF!



  • ブルーミー(bloomee/旧ブルーミーライフ)
    4.5

    ブルーミー(bloomee)サイトイメージ

    初回無料キャンペーン実施中!

    『bloomee』手軽に叶うおしゃれなライフスタイル。 毎週末自宅のポストにお花が届き、手軽におしゃれなライフスタイルを手に入れることのできるお花の定期便サービスです。おまかせで届く、私のお花のある暮らし。

    「ポストに届いて、受け取りラクラク」
    部屋も気分も、お花で明るく。心地良い暮らしが、ずっと続く。

    「お花との出会いに、毎回ワクワク」
    いろいろなお花が週替わりで届く。受け取るたび、いつも新鮮な気持ち。

    「そのまま飾れる、かわいいお花」
    プロのお花屋さんが、旬のお花を束ねてお届け。箱を開けたら、そのまま飾るだけ。

    <公式サイトURL>https://bloomeelife.com/

    利用可能エリア

    エリア内の全域で対応(一部の特殊エリアは除く)

    料金

    825円~2,530円/1回(税込・送料含む)

    商品プラン

    全3プラン(体験プラン・レギューラープラン・リッチプラン)

    配送頻度

    毎週・隔週

    運営会社

    ユーザーライク株式会社(非上場)

    こんな人にオススメ!

    「とりあえず花の定期便サービスを始めてみたい♪」というアナタにピッタリ!


    初回無料キャンペーン実施中!

<関東地方>対応エリア

花のサブスク・定期便サービスとは?

テレワーク・在宅勤務が浸透し、おうち時間が長くなってきており、自宅にお花を飾る人が増えてきています。そこで、毎週・隔週・毎月など定期的にお花が届く定額制サービスが利用されています。それらは「花のサブスク」「花のサブスクリプションサービス」「花の定期便サービス」と呼ばれています。

この花のサブスクを提供する会社が増えてきており、実際、どれを選んだら良いかわからないという声をよく聞きます。どれも一緒?いやいや、それぞれ個性があるので、ご自身に合ったサービスを選択することが重要となります。

生花を扱うサービスになりますので、商品の品質だけでなく、運営会社やアフターフォロー、トラブル対応や定額サービスの解約に関して等、確認すべきポイントが数多くあります。それぞれのサービスをしっかりと比較、口コミや評判も参考にして、毎月お花が届く生活を開始しましょう!

関東地方について

関東地方は、本州のほぼ中央に位置し、東京都をはじめ、神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城の1都6県の地域をいう。関東の呼び名は、大化改新のころは鈴鹿(すずか)、不破(ふわ)、愛発(あらち)の三関(滋賀県と三重・岐阜・福井諸県との県境にあたる)から東のほうをさしていた。国土の開発が進むに伴い、平安末期からは、足柄(あしがら)・箱根両峠(東海道沿いの静岡・神奈川県境)と碓氷(うすい)峠(東山道(とうさんどう)沿いの長野・群馬県境)を連ねる線から東方および北方で、陸奥(むつ)(東北地方)より南を、関東(坂東(ばんどう))というようになり、現在に至っている。いま関東全域に首都東京の影響が及び、それに密着した動きは、東京への通勤・通学圏内の地域はもとより、より離れた地域にもみられる。なかでも東京都とそれに接する神奈川・千葉・埼玉の南関東3県は、人口・製造品出荷額がともに全国10位以内にあり、日本でも産業、文化のもっとも活発な地域をなしている。

全関東の中心で、しかも日本の中心でもある東京の前身の江戸は、100万以上もの人口が集まって世界有数の大都市に発展していた。徳川将軍家をはじめ参勤交代制によって江戸に屋敷を構えていた諸大名たちの生活物資の需要は膨大なものであった。食料(米・魚・酒・しょうゆ)、衣料(絹・綿・麻の織物)をはじめ、雑貨、道具類の製造については、関東は後進地域で、16世紀ごろには関東では入手しにくいものが少なくなく、関西(上方(かみがた))から入ってきた人々によって産地開発がなされていた。それらも17世紀になると、鹿島灘(かしまなだ)や東北南部海岸の魚や銚子(ちょうし)・野田(千葉県)のしょうゆのように、関東でもしだいにとれたり、つくられるようになった。米は食料で、また年貢用でもあったが、東北からの下り米が大量に上っていた。それらの江戸への輸送については、海岸沿いや利根(とね)川、江戸川をはじめ諸川の河岸(かし)、それに湖沼岸の諸地をたどって輸送ルートが開かれ、湊(みなと)や河岸の集落が発達していた。

1868年(慶応4)には江戸開城が行われ、ついで明治維新の新政の世となり、東京へ遷都されて日本の首都となった。そしてあらゆる中央官庁が集中し(霞(かすみ)が関・大手町地区)、外国公館も設けられ、東京は中央集権制による日本の政治・行政・外交の中心地となった。1930年(昭和5)ごろまでは東京は日本の政治・文化の中心地、大阪は商工業の中心地であったが、そのころから企業と政治との結び付きがより強められて、本社も東京に設けられることとなり、東京は日本産業の中枢管理機能の集中地ともなった。これに伴い人口の集中はいよいよ多くなり、東京通勤者の住宅地は隣接の南関東3県はもとより、近年は北関東諸県へも拡大されている。

東京はまた日本の学術文化とそれらの国際交流の中心でもある。なかでも日本学術会議や学会本部の多いことが東京の特色で、研究の向上に努めるとともに、外国学界との交流の窓口ともなっている。また、博物館、図書館、諸研究所、資料館、文書館なども多い。

横浜は開港後、日本最大の貿易港と東京の玄関口の役割を果たすこととなり、外国人の来住も急に増えていった。明治新政府は神奈川県知事に横浜税関長を兼ねさせ、大臣級の高官を配して港や市街の整備に努めた。やがて20世紀に入って工業が近代化してくると、東京下町の工場街が手狭となり、重化学工業も加わって、川崎や横浜東部に、海岸の埋立てによる臨海工業地帯が造成されて京浜工業地帯の中心となり、第二次世界大戦中にはより増強された。戦後は石油化学工業部門が加えられたが、1960年代の日本経済の高度成長期には手狭となった。その補充拡大地域が千葉県の湾岸にある京葉工業地域で、南は富津(ふっつ)市にまで及び、港(千葉港・木更津(きさらづ)港)もつくられ、石油色の濃い工業地帯となり、いま関東さらに日本の産業に果たす役割は大きい。